マインド

美容師の平均年収は正直、高くありません【それでも稼ぐ方法を解説】

2022-06-08

テラダ

美容師の平均年収が高くないって聞いたけどどうしてなの?もっと稼ぐ方法はないの?


今回はこんな疑問にお答えします。


本記事の内容

  • 【結論】安売り美容師マインドでは平均年収も稼げない
  • 美容師の平均年収が低い理由3つ
  • 美容師の平均年収を超える3つの方法


この記事を書く僕は、美容以外の収入は年間8桁を超えています。


テラダTwitterアカウント


美容師をやってるならせめて平均年収よりは収入は欲しいし、できればもっと稼いで自分の時間を自由に使えるようになりたい、と思っている人も多いでしょう。


そこで今回は、美容師の平均年収が低い理由と平均年収を超える方法とマインドについても解説していますのでぜひ、参考にしてくださいね。



\無料メルマガ登録はこちらから♪/

【結論】安売り美容師マインドでは平均年収も稼げない

結論からいうと、安売り美容師マインドでは稼げません。なぜなら、価格を下げれば下げるほど、比例して美容師の価値が社会的に下がってしまうからです。


生き残りをかけて安売りをしている美容室は全国にたくさんあります。自分達の技術の安売りをすると必然的に売上も下がり、収入が減るのは当たり前のこと。


とにかく、美容室経営を維持するために経営者はその日の売上を確保するために、あの手この手で新規のお客さんに来店してもらおうと必死です。そのため、自分達の技術を安売りマインドが当たり前になってしまうんです。


テラダ

個人や小規模の美容室が価格競争で戦い続けるのはかなり厳しいです。


関連記事

美容師の平均年収が低い理由3つ

美容師の平均年収が低いのは下記の3つです。

  • 安売りマインドから抜け出せないから
  • 典型的な労働集約型のビジネスモデルだから
  • 技術は学んでもお金について学ばないから


ひとつずつ解説していきます。

理由①安売りマインドから抜け出せないから

まずは、技術の安売りをすることをやめましょう。集客するのに安売りをするのは最後の最後にやる手段です。


集客をしたいからといって格安メニューを作って、広告を出している美容室もありますが、それでは美容師の価値も同時に安売りしていることになります。


割引が前提というマインドは一度、壊して自分達の強みをどうやって伝えるかをまずは考えて行動してみましょう。


集客のために思考停止して安売りするのは最終的に自分たちの首をしめることになり、美容師の平均年収が上がらない根源です。


テラダ

収入を増やしたいなら安売りマインドはやめましょう!


理由②典型的な労働集約型のビジネスモデルだから

美容師の仕事は典型的な労働集約型のビジネスモデル。労働量に比例してお金が稼げるので、時間と技術を売りにしている美容師はどうしても収入に天井があります。


例えば、1週間に5日営業している美容師が、6日営業すれば収益は増えるでしょう。しかし、1週間に7日営業することは一般には難しいですし、1日に100人カットすることも難しいでしょう。


労働単価を上げることは可能ですが、やはり、自分の時間を労働力として市場に提供してお金を稼ぐというのは、体力の限界を超えて稼ぐことはできません。


なので、労働集約型のビジネスモデルである美容師は年収が低くなってしまいます。


理由③技術は学んでもお金について学ばないから

美容師はお金についてあまり学ぶこともありませんし、学ぶ機会もありません。



なぜなら、専門職で技術を身に付けることが優先されてお金について深く知ることもないからです。近頃では技術だけではなくSNSなどで自己集客も必須になってきているので、ますますお金について学ぶ機会が薄れています。


お金を稼ぎたいけど、お金の仕組みや稼ぎ方を知らないので少し甘い話や知識がなくても簡単に稼げそうな仮想通貨、仮想通貨ゲームに手を出してしまい、損をしている美容師もたくさんいます。


結局、お金について学ぶことがなく、同じようなことをずっと繰り返しやっているので、いつまで経ってもお金を稼げない美容師マインドのままでいることになります。


テラダ

労働集約型の働きから脱却する方法を考えましょう。


関連記事

美容師の平均年収を超える3つの方法

①美容以外のスキルを身につける

年収を上げたいのであれば美容師以外のスキルを身につけましょう。


なぜなら、先述したように労働集約型のビジネスモデルである限り、収入を伸ばすことに限界があるからです。


例えば、本業の美容師をやりながらブログを書いてみたり、せどりに挑戦してみたりしてもいいでしょう。最初は慣れないので時間もかかるかもしれませんが、経験が積み上がって来れば時間も短縮され、収入も積み上がってきます。


美容師だけのスキルで年収を平均以上にするのはかなり厳しいのが現実です。興味関心のあることからでも何かスキルを高めていきましょう。


テラダ

スキルは人生を変えてくれます。どんどんスキルを身につけて挑戦しましょう。


関連記事

②他業種のビジネスを研究する

美容師以外のビジネスを研究してみましょう。なぜなら、美容室の収益構造はとてもシンプルで明確なのですが、シンプルが故に思考停止してしまいがちです。


他業種の人たちと交流することで、今までとは違った発想や気づきを得られることがあります。その気づきを美容師の仕事に転換して考えてみると売上が伸びるキッカケにもなるでしょう。


なので、美容師以外のビジネスをしている人たちと交流を持って研究しましょう。


テラダ

知らないことは恥ずかしいことではないので、どんどん他業種のビジネスを吸収しましょう。


③商品を作る前に自分のファンをまず作る

まずは、自分のファンを作ることをしましょう。商品や強みを手に入れても必要としてくれる人がいなければ売上は上がりません。


例えば、とてもいいシャンプーを自社で開発して大量に作ったとしても、買ってくれるお客さんがいなければ在庫を抱えるだけで儲かりませんよね。


まずは、ファンを作り「あなたから買いたい」と思ってもらえる存在になりましょう。


ファンがいてくれれば、商品は必ず売れます。まずは自分のファンを作ることを優先しましょう。


テラダ

何を買うかではなく、誰から買うかが重要な時代です。


まとめ:美容師マインドを壊して、平均年収を超えよう!

今回は、美容師の平均年収は正直、高くありません【それでも稼ぐ方法を解説】について解説しました。


本記事の内容

【結論】安売り美容師マインドでは平均年収も稼げない


美容師の平均年収が低い理由3つ

  • 理由①技術の安売りをするから
  • 理由②典型的な労働集約型のビジネスモデルだから
  • 理由③技術は学んでもお金について学ばないから


美容師の平均年収を超える3つの方法

  • 美容以外のスキルを身につける
  • 他業種のビジネスを研究する
  • 商品を作る前に自分のファンをまず作る


美容師マインドでは平均年収を超えることはもちろん、平均以下の年収になることも充分にあり得ます。


これから美容師のスキルだけで業界の荒波を乗り越えていくのはかなり厳しい時代です。


年齢と共に体力も少しずつ低下していくことは必然なので、ハサミを置いて引退した後でも稼げるスキルと経験を身につけておきましましょう。


テラダ

この記事をキッカケに美容師マインドをぶっ壊しましょう!


関連記事


\無料メルマガ登録はこちらから♪/

テラダカズオ

渋谷で17年サロン経営しながら、美容室以外の収入を8桁以上にしたテラダの考え方やマインドセットを全国の美容師さんに毎朝、無料のメルマガを届けています♪美容師に特化したメルマガは日本でトップの登録者数を誇る

-マインド