マインド

40代の美容師は将来が不安!?今からでもやっておくべきこと

2022-07-31

テラダ

40代になってから美容師をこのまま続けていくのは、年齢とか収入を考えると将来不安だな...



こんな風に思っている40代の美容師さんは多いのではないでしょうか?


アシスタント時代よりは仕事が少し楽になったはずなのに、収入ではそんなに大きく変わってないから改めて考えてみると凹みますよね。


このまま思考停止して、美容師を続けていても生活環境が劇的に変わることはまずありません。

この記事を書いている僕も40代になった時に、急に将来に不安を感じて「何かしなくてはいけない」と思い行動をしました。



もし、あの時に思考停止して何も行動しなかったら今の僕は、ただの中年美容師でどうしようもなかったと思います。


テラダTwitterアカウント



今回は、そんな僕が今まで感じてきたことをお伝えしつつ、何をやるべきなのかを紹介します。


この記事を読み行動することで40代になっても将来の不安を感じることなくサロンワークに打ち込めるでしょう。

\無料メルマガ登録はこちらから♪/

テラダTwitterアカウント

40代の美容師が将来不安になる5つの理由を紹介

多くの美容師さんが年齢を重ねると将来の不安が大きくなります。


ここでは40代の美容師さんが抱える将来が不安になる理由を紹介します。

1.生涯収入賃金が低い

美容師は、一般的に所得が低いです。


なぜなら、どうしても職人の世界なので「技術を学ぶのに給料が低いのは当たり前」という考えが根付いているからです。


美容師の生涯年収は8,000万円から1億4,000万円ほどだと言われています。


一般的なサラリーマン(大卒)の生涯年収は2億5,000万円ほどと言われているので、それと比べてもかなり低いですよね。

テラダ

40代になって収入が低いと将来は不安になりますよね。


2.休みが少ない

美容師の仕事は、サービス業なので基本的に休みが少ないです。


一般の方々が休んでいる時が、忙しくタイミングになるので必然的に休みは少なくなります。


家族がいる美容師さんであれば、土日もなかなか休みが取れないので、子供の運動会などは参加できないケースもよくあります。

3.労働時間が長い

昔に比べて、労働時間はかなり改善をされたとはいえ、やはり労働時間が長いのは否めません。


サロンワークの前後にミーティングや勉強会、雑務などをこなしていると時間はかなり拘束されます。


美容師はお客様を迎える時間以外も仕事があるので、どうしても労働時間が長くなります。

4.体力的に厳しい

40代になると年齢もあり、体が少しずつ疲れやすくなります。


もともと体力に自信があったとしても、年齢には抗えません。


20代、30代はシャンプーを数人しても疲労はそこまで感じなかったのが、40代を越えてくると重労働に感じる美容師さんもいるでしょう。


40代で美容師を続けていくには体力も必要です。

5.美容師以外のスキルがない

アシスタント時代から今まで、美容師以外のスキルを身につけることをしてこなかった美容師がほとんどです。


美容師のスキルを身に付けるだけでも精一杯なので、他に目がいくことはなかなかむずかしいでしょう。


しかし、美容以外のスキルに早い段階から手をつけている美容師さんは、年齢を重ねても息長く美容師を続けている方が多いです。


美容師以外のスキルがないと40代の美容師さんは不安を感じているでしょう。

40代の美容師が将来を考えないと本当に大変になる時代

先述しているように、スキルがない40代美容師はこの先、本当に生き残っていくことが厳しくなります。


ここではなぜ、厳しい時代になるのかを解説していきます。

美容室はすでに飽和状態

美容師さんであればご存知の通り、美容室はすでに飽和状態です。


全国に約25万件があり、全国の信号機とほぼ同じかずが存在すると言われています。


そんな中で、毎年のように10,000軒近くの美容室が新規オープンして、8,000軒ほどが閉店します。


近年はコロナの影響もあり、多少は鈍化したようですが、とはいえ毎年微増は続いているようです。


美容室の数が増え続けるほど、自己集客もできず、体力もあまりない40代の中年美容師さんの生き残りは厳しくなります。

美容師の価値は下がっている

美容室の数が増えて、日本の人口は減少している状態なので、どうしても新規客の取り合いになり、広告では値下げをするお店が多くなりました。


今やホットペッパーに掲載するのは、割引が当たり前の状態になっています。

このまま、美容師さんが長時間をかけて習得した技術の価格が下がっていくと、美容師の価値自体も当然下がります。



このままだと築き上げてきた技術も安売りスパイラルに飲まれて、安くせざるを得ない状況になるでしょう。

美容師の格差社会は起きている

美容師さんの中でも、自分の強みやウリを上手くブランディングして価値を高めることに成功している一部の人もいます。


安売り競争に巻き込まれることなく立ち回ることができれば、価格は下げなくても人気は出ます。


価格を下げて集客した美容師さんと、価格を上げて価値も上げた美容師さんでは将来、築き上げる財産も変わってきます。


こうして少しずつ美容業界も価格破壊が起きつつあるのは事実です。

40代の美容師で将来不安なく迎えるためにやっておくべきこと

40代美容師になると不安だけど、具体的に何をしていいのか分からない人も多くいるでしょう。


ここでは具体的に何をすればいいのか、紹介します。少しでも参考にして行動してみてください。

美容以外のビジネスに目を向ける

美容以外のビジネスに興味関心を持って勉強するようにしましょう。


美容以外のビジネスにはヒントがたくさん詰まっているので学ぶことばかりです。


美容室のように労働集約型のビジネスモデル以外を学ぶことで知見も増えて、自分で他のビジネスを起こす時にとても役に立ちます。


まずは、美容以外のビジネスを本で学んだり、他業種の人に会って話を聞いてみると、どこで収益化しているのか分かるでしょう。

自己投資をしてスキルアップする

学びには自己投資は必須です。今はお金をかけなくても学べるほどの情報量がネットに転がっています。


しかし、学ぶことを待っていても誰も教えてくれることはありません。


時間を作ることも必要ですし、時にはお金を投資して学ぶことも大事です。


40代の美容師さんを見ていると柔軟に学んでいる人と、頑なにプライドが邪魔して何も行動しない人に分かれます。


当然ですが、前者の方が将来の可能性もあり、収入が増えて生活が豊かになるのは明らかですよね。


とはいえ、行動しない40代の美容師さんがほとんどです。

テラダ

行動して継続すれば、人生が変わるのは明らかですね。


お金についてしっかり学ぶ

美容師さんはお金について学ぶ機会がなかった人がほとんどなので、お金に関してはかなり知識不足の人が多いです。


長く経営をしていても、顧問税理士に任せてしまって自分の会社なのに、お金の流れを把握していない美容師さんはたくさんいます。


このまま、お金のことを学ぶことをしないで人生を消費していくと、損してしまうことの方が多くなります。


お金の知識はビジネスをする上では、とても大事なスキルです。

まとめ:40代の美容師は将来が不安なら行動しましょう。

今回は、40代の美容師さんが将来のことで不安になる理由とその解決策を紹介しました。


美容師さんはすでに「美容師」という大きな武器を持っています。


しかし、それだけでは戦えないので他に武器を持つことで人生が楽になります。


武器を身に付けるためには、自己スキルを高めることや時間、お金を投資することがとても重要になってきます。


この自己鍛錬を40代の美容師でできる人は限られています。


「40代だから...」と諦めたり、高いプライドを掲げることなく、地道に一歩ずつ積み上げていくことで美容師人生の将来は大きく変わります。


ゼロイチが一番大変です、これができればセルフイメージも上がってどんどん挑戦できるでしょう。

テラダ

自分を信じて頑張りましょう!!


【関連記事】【美容師はもう業界誌を読むな!】収入アップしたい40代の美容室経営者が読むべき本10冊
【関連記事】【知らないと損する】忙しい美容師でもできる!少額の株式投資で配当金をもらう方法とは?
【関連記事】美容師の引退はいつ?【引退後も稼げる準備はちゃんとしておこう】


\無料メルマガ登録はこちらから♪/

テラダTwitterアカウント



テラダカズオ

渋谷で17年サロン経営しながら、美容室以外の収入を8桁以上にしたテラダの考え方やマインドセットを全国の美容師さんに毎朝、無料のメルマガを届けています♪美容師に特化したメルマガは日本でトップの登録者数を誇る

-マインド