マインド

稼げない男性美容師の行く末はどうなるの?今からでもやるべきこと3選

テラダ

このまま美容師を続けていても将来、不安だな...


こんな風に思っている40歳を超えた美容師はたくさんいることでしょう。


美容師をやりながらでもスキルを磨いておけば、美容師以外の収入を確保できるようになります。


テラダTwitterアカウント


実際に、僕は美容師&経営をしながらスキルアップに自己投資してきました。おかげで今は、美容師以外の収入が安定しているのでメンタル的にも楽に毎日を過ごせています。


もし、スキルを磨くことをせず、美容師だけの収入に頼っていたら大変な状態でした。



この記事を読んで、美容師以外の収入を増やしたいと考えているのであれば、ぜひ、参考にしてくださいね。


今からマインドセットして行動すれば、老後も不安なく迎えることができるでしょう。


男性美容師の平均収入は?45歳を越えると収入が激減!?

ここでは、男性美容師の平均年収はいくらなのか?そして45歳になると収入が激減する原因を解説していきます。

男性美容師の平均年収は?

男性美容師の平均年収は平成29年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、美容師の男女別平均年収は、男性が約317万円です。


日本のサラリーマンの平均収入が約532万円と比べても200万円以上の開きがあります。


これを見ると男性美容師の収入がかなり低水準だということがわかります。


【参考:平成29年の厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

45歳を越えた男性美容師の年収

45歳を超えると男性美容師の年収は大きく下がりはじめます。


顧客が少なく、売上を上げる手段がない男性美容師は歩合制になるので大きく収入が減少します。


美容師は年齢を重ねると、売上を伸ばしていくことが難しい職業なので、40歳を越えたあたりから収入格差が出始めます。


男性美容師の年収の推移は40歳がピークで453万円で、 45歳以降は一気に下がり始め281万円になるというデータもあります。

【参考:資金構造基本統計調査


テラダ

自分で稼げるスキルが必要になってくるのは明らかですよね


関連記事


自力で稼げない男性美容師の将来の行く末とは?

ここでは自分の力で稼ぐことが出来ない男性美容師の将来の末路を紹介していきます。

大手格安カット専門店で再就職

40歳を過ぎて、顧客もおらず技術だけがある美容師が一番手っ取り早い就職先は、大手カット専門店です。


今まで培った技術があれば、再就職は可能でしょう。


しかし、今まで働いてきた美容室のような華やかさはなく、男性メインの散髪屋に近いイメージです。


会社が集客してくれるので、売上を伸ばさないといけないというようなプレッシャーからは解放されます。


カット専門店の場合だと時間給で働くことになるので、肉体的には少し大変な一面もあります。


テラダ

体力勝負な一面もあるので長く働くのは大変だと思います。

訪問美容師として就職

訪問美容師として就職するという選択もあります。


高齢化社会になり、施設に入っている方や自宅で介護を受けている方のカットをする訪問美容師も増えつつあります。


訪問美容師には特別な資格は必要なく、美容師免許さえ取得していれば、すぐにでも仕事を始められます。


とはいえ訪問美容師にはある程度の介護スキルが求められるので、この職業を目指すのであれば「介護職員初任者研修課程修了資格」といった介護の入門資格を取得しておくのが望ましいでしょう。


資格があれば、就職する時にも優遇される可能性があります。

異業種に転職する

美容師を諦めて、異業種に転職するのも選択の一つでしょう。


美容師で接客を長くしていれば、サービス業が向いている人も多いでしょう。


例えば、レストランや居酒屋などのスタッフで働くことができれば、新しいノウハウを手に入れることもできて、将来は自分の店舗を持って開業することができるかもしれません。


異業種に転職することで新しいビジネスモデルを学んで自分の幅が広がるでしょう。


テラダ

新しいビジネスで何かに気づくキッカケになることもありますよ

稼げない男性美容師が身に付けておくべき3つの基礎スキル

ここでは自分で稼ぐことが出来ない男性美容師が、今からでも身に付けておくべき3つの基礎のスキルについて解説していきます。

パソコン全般の操作スキル

まず、必ず身に付けておくべきスキルは、パソコン操作スキルです。


今はネット社会ですから「パソコンをあまり使えない」というのは、何も出来ないと同じだからです。


40代以上の美容師はアシスタントの時にアナログな状態で育っているので、今の20代、30代前半の美容師のようにネットを駆使して集客ができず、ネットリテラシーが低い人が多いです。


パソコンは今の時代、どの業界でも必須スキルなので、最低限のパソコン操作は習得しておきましょう。

テラダ

パソコンは必須なので必ず習得しましょう

時間を管理できるスキル

時間管理をできるスキルが社会人としては一番重要です。1日は24時間しかなく、増やすことも減らすこともできません。


自分の時間を管理できないと...

・体を壊す

・家族に迷惑が掛かる

・仕事で稼ぐことができない

・ストレスが溜まる

・信頼関係が築けない

このような、悲惨な状況になりかねません。


時間管理が苦手な人は、社会でも評価されにくいので時間管理ができるように日頃から時間を意識して生活しましょう。

すぐに行動するスキル

どれだけ本を読んだり、セミナーで学んだりしても行動できないと何も身になりません。行動することで人は成長します。


インプットばかりかりして、アウトプットしていないのは、ただの情報通になってしまい、いつも二次情報ばかりになります。


アウトプットして自分の経験を手に入れましょう!

40歳を越えた美容師が将来の行く末を考えてやるべきこと3つ

40歳を越えた美容師が手軽に小さく始められるビジネスが下記の3つです。

・ブログを書いてライティングを学ぶ

・Youtubeで動画を配信する

・メルカリで不用品を販売してみる

それぞれ解説していきますね。


・ブログを書いてライティングを学ぶ

ブログを始めるとライティングはもちろんですが、パソコンの知識、SEO、デザイン、マーケティングなどあらゆることを同時に学ぶことが可能です。


ブログは積み上がっていくものなので収入が発生するまでに時間は必要ですが、スキルとしては身に付けておいて損はありません。


・Youtubeで動画を配信、編集する

今や自分のメディアを持っているのは当たり前の時代です。


動画を配信して自分の得意なことを発信したり、編集することでパソコンスキルはもちろんですが、クラウドソーシングなどで動画編集の仕事を獲得することも可能です。


・メルカリで不用品を販売してみる

メルカリで不用品販売するのは一番即効性が高くて、収入に直結します。


物販はビジネスの基本なので、美容師をやっているだけでは学べない販売ノウハウやマーケティングが必要になります。



最初のうちは、不用品を販売してみて、少しずつ商品を仕入れて販売していくようにシフトしていくといいでしょう。


上記のビジネスは、すぐにでもやろうと思えばできることです。


向き不向きを自分で判断して、なかなか行動を起こさない人がいますが、何事でもまずはやってみることから全ては始まります。


出来ない理由を探す前に、ひとまず行動してみましょう。それからがスタートです。


テラダ

まずは、何でも挑戦することが大事ですよ


関連記事

まとめ:美容師の将来の行く末は自分次第

今回は40代で稼げなくて、将来の行く末が不安な美容師の今からでもやるべきこと3選について紹介してきました。


美容師は年齢を重ねると体力的にも厳しくなり、顧客がいない美容師はかなり厳しい状態になります。


そこで美容師以外のスキルを身に付けておくことで、少しでも収入のリスク回避をすることが大事になってきます。


今回、紹介したやるべきことは...

・ブログを書いてライティングを学ぶ
・Youtubeで動画を配信する
・メルカリで不用品を販売してみる

それぞれ、すぐにやり始めることは可能です。まずは、行動してみて新しいことに触れてみることがとても大事です。


美容師以外の収入が増えれば、好きな美容師を本業ではなく、副業として楽しくやることもできるでしょう。


関連記事
関連記事


テラダカズオ

渋谷で17年サロン経営しながら、美容室以外の収入を8桁以上にしたテラダの考え方やマインドセットを全国の美容師さんに毎朝、無料のメルマガを届けています♪美容師に特化したメルマガは日本でトップの登録者数を誇る

-マインド